Sbobet

Sbobet

ベッティングの世界に長く携わっている人なら、Sbobetというブックメーカーの名前を聞いたことがあるはずだ。確かにアジアのブックメーカーとしては非常に大きく、知名度もあります。Sbobetは2004年に設立され、マン島とファーストカガヤンレジャー(フィリピン)のライセンスを取得しています。オッズは悪くないのですが、私の証券口座で興味のある試合の利用可能オッズのリストを見ると、通常Sbobetはリストの一番上にはありません。つまり、Sbobetのオッズは、悪くはないものの、BETISN、Singbet、PS3838のようなこの点でアジアのトップブックメーカーよりも少し低いということです。限度額についても同じことが言える。悪くはありませんが、例えば上記のブックメーカーより低いです。(これはおそらく、Sbobetがグローバルな運営を望んでおり、ベッティングビジネスに対して複雑なアプローチを取っているためでしょう。Sbobetは小規模なプレーヤーをターゲットにしていますが、プロも満足させたいと考えています。このため、プレーヤーはPROブックメーカーとレクリエーションブックメーカーの中間のような商品を手に入れることになりますが、全体から見ればPROの方が有利です。  もちろん、Sbobetを典型的なレクリエーショナルブックメーカーと比較することは、大きな間違いです。Sbobetは、どんなプレーヤーにとっても、多くのスポーツイベントで役に立つマーケットを提供するサイトであることは確かです。

先に、オッズの話題に戻ると述べました。ですから、マージンが他のいくつかのブックメーカーよりも最小限に高いのは事実ですが、1つ重要な例外があります。それはアジアンハンディキャップです。この場合、Sbobetは競争相手から突出することなく、素晴らしいオッズも提供しています。しかし、アジアンハンディキャップのオファー全体と他のすべてを考慮すると、SbobetはPROプレーヤーにも良いオッズを提供していると言えるでしょう。全体として、ブローカーを通して利用可能な会社だけでなく、より広いスケールで見れば、絶対的なトップブックメーカーの一つです。ブックメーカーSbobetは、その世界的な存在感からスポンサーシップに従事しています。特に、ウェストハム・ユナイテッド、リーズ・ユナイテッド、カーディフ・シティ、ダンドーク、その他イングランド、アイルランド、インドネシア、インドのチームとスポンサー契約を結んでいます。同社はまた、業界で最も影響力のあるブックメーカーの1つに贈られる賞など、長年にわたり数多くの賞を受賞している。

Sbobetへのアクセス

以下は、オッズアグリゲーションプラットフォームを通じてプレイヤーにSbobetマーケットへのアクセスを提供しているベッティングブローカーのリストです。下記のベッティングブローカーのいずれかでアカウントを開設すると、いつでもSbobetのオッズを利用できるようになり、あなたが興味を持っているイベントのオッズが、あなたが選んだ他のブックメーカーとともに表示されます。

ほとんどのベッティング・プレーヤーにとって、Sbobetマーケットへのアクセスは確かに付加価値である。Sbobetはすでにこの業界では伝説的な会社であると言っても過言ではないだろう。彼らのオッズ、特にアジアンハンディキャップにアクセスできることは、特にサッカーに賭けているすべてのプレーヤーに喜ばれることだろう。

ベッティングエリートに参加して、プロになろう!

18歳以上のみ

ニュースレター

Bookie.Broker © 無断複写・転載を禁じます。

Newsletter

Subscribe us!