ベッティング・シンジケート

ベッティング・シンジケートと聞くと、深刻そうに聞こえるでしょう?そのように聞こえるだけですか、それは実際に深刻な、大きな問題ですか?つまり、ベッティングシンジケートとは、多かれ少なかれ組織化された特定の組織を形成し、ベッティングの利益を最大化するために努力を結集することを目的とする、ある特定のプレーヤーのグループのことを指す。努力の組み合わせの規模は、共同出資から独占的な試合のタイプまで、大きく異なることがあります。単一の定義はない。また、このような組織の人数は何ら制限されない。だから、理論的には、シンジケートはすでに2〜3人のグループだけでなく、200人のグループであることができます。また、金融売上高は、シンジケート間で大幅に変化し、数百万ドルのレベルに趣味のレベルにすることができます。だから、その性質上、定義自体は解釈から非常に広いです。

このように、純粋な理論で言えば、シンジケートとは、分析なしに、興奮を高めるために低い賭け金でベットするファンのグループであると同時に、オッズの価値を探し、オッズの相場やその他多くのことに精通したグループと呼ぶこともできる。私たちは後者の定義、つまり、自分たちが何をしているのかを知っているプロの団体に興味がある。もちろん、最初の例はまったく間違っていません。趣味は素晴らしい価値であり、私たちはそれに拍手を送りますが、私たちのサイトでは、真剣にベッティングに取り組むことに重点を置いており、ここでは、趣味に加えて、主に付加価値の検索があります。

そのような組織はどこに賭けているのか

賭博シンジケートの詳細は、そのようなグループが何を求めているかを明確に示しています。 これらは賭け金の最高限度額であり、場合によっては巨額になることもあります。 もちろん、可能な限り低いマージンで高オッズがロードされることも重要です。 そして何よりも、勝ったプレイヤーを受け入れるブックメーカーの利用です。 今日の世界では、ブックメーカーの大多数はレクリエーションプレイヤーを対象としており、大小の賞金の場合、通常は少額の賞金で十分ですが、アカウントは賭けごとに1ユーロなどのばかばかしい数字に制限されることがあります。 したがって、この大多数の賭博サイトは賭博シンジケートの関心を超えています。 シンジケートを対象としたサイトは、大手取引所やアジアの大手ブックメーカーです。 賭博シンジケートは、AsianconnectBetInAsia などのブローカーを通じてプロのブックメーカーにアクセスできます。 シンジケートは通常、複数のブローカーに口座を持っています。 どのプレイヤーも最高のレートと完全なプレイヤーの自由を備えたブローカーに無料でアクセスできます。 シンジケートの活動から利益を得るためにシンジケートに所属する必要はありません。

ベッティングシンジケートがオッズに与える影響

大規模なベッティングシンジケートは、オッズの変動に影響を与える可能性がある。この事実は誰も驚かないだろう。結局のところ、あなた自身はオッズの変動に影響を与えることができ、どんな賭けでも高く賭ければ、このイベントのオッズを眠らせることができます。反対にオッズを上げることもできます。これがプロのブックメーカーのやり方であり、いわゆるダイナミックオッズを使うので、プレーヤーが勝とうが勝たなかろうが、彼らには関係ないのです。レクリエーショナルブックメーカーは、プロのブックメーカーのオッズをコピーするだけです。プロのブックメーカーでオッズが下がった2分後には、多くのレクリエーショナルブックメーカーでも同じオッズになっているのですから。つまり、あなたや私、その他のプレーヤーが、堅実なブックメーカーで高い確率で賭けることによってオッズの変動につながることができるのであれば、賭博シンジケートがさらに大規模にそれを行うことができるのは明らかなのです。これは一般のプレーヤーにどんな影響を与えるのでしょうか?いいえ、一度低いオッズで負けると、次は高いオッズで得をし、おそらくプレーヤーの最終的な収支はゼロ前後になるでしょう。オッズを見ている人なら、オッズを設定している大手ブックメーカーでオッズが急激に下がる場面に遭遇したことが一度や二度ではないだろう。おそらくこれは、ベッティングシンジケートの活動に関連しているのでしょう。

ベッティング・シンジケートは合法か

原則として、ほとんどの場合合法であり、ブックメーカーのルールに従っています。もちろん、ここではレクリエーション的なブックメーカーによるプレイヤーの制限という要素を除外していますが、その場合、友人と賭けたり、そのような組織を作ったりすることを妨げるものは何もありません。しかし、コインの裏側もあります。ベッティングシンジケートは、しばしば違法行為を伴うことがある。その例として、今では古くなりましたが、英国で有名なマッチフィックス事件があります。スコットランドのサッカー選手であったジミー・ゴールドは、試合をセットアップし、それを賭けて大金を得るというグループのトップであった。もうひとつの例は、マイケル・ケントとアイヴァン・ミンドリン博士が設立したコンピューター・グループである。前者はコンピューターと数学に魅せられていた。もう一人は引退した外科医だった。1980年代、彼らはビリー・ウォルターズを含む多くのプロ選手をグループに勧誘した。このグループは主に、統計とコンピュータの使用に基づいてアメリカのカレッジフットボールに賭けていた。当時は1980年代であり、コンピューターは斬新なものであった。このグループは数千万ドルを稼いだ。近い将来、アメリカ、アジア、ヨーロッパのさまざまなベッティング・シンジケートの詳細な情報をここに掲載する予定である。このような情報は、純粋な好奇心の観点から興味深いものであると同時に、あなた自身の目的に利用できるベッティング情報でもあると思われる。

このような状況は、ほとんどの、そしておそらく事実上すべての場所で違法であり、ブックメーカーだけでなく法律にも反している。したがって、小規模な大学シンジケートは完全に合法である。数百万ドルを取引する大規模な組織もありますが、ブックメーカーはそのようなアカウントをブロックまたは制限します。そしてもちろん、マッチフィクシングなどに関連する最後のグループは、明らかに合法ではない。このように、一つの用語の下に、多くの異なる、全く異なる定義が存在する。

ベッティングエリートに参加して、プロになろう!

18歳以上のみ

ニュースレター

Bookie.Broker © 無断複写・転載を禁じます。

Newsletter

Subscribe us!